データをじっと眺めていたら、なぜ?が生まれる。

“沖縄の密度”は濃い!

最新!沖縄県内の人口密度ランキング発表〜

沖縄県は本島都市部や離島部でかなり人口密度の差がありますが、観光人口を含めていませんから、ホントのところはこの数値だけでは見えてこないという印象でした。人口密度の近い他県の街の雰囲気から沖縄の人の多さが見えてくるかもしれません。

沖縄の市町村別人口密度ランキング

みなさんに人口密度比較がイメージがしやすいように、例えば東京ドーム何個分のような別なものに置き換えられるといいなと調べていたのですが、どうもディズニーランドとディズニーシーの面積を併せるとおよそ1平方キロメートル[1km²]=100haなのだそうです!

誰もいないディズニーランド&シーを思い浮かべ、その中に何人いるのか想像してみてください。沖縄では約620人です。う〜ん規模が大きすぎて解らない。ちなみに、平均すると1日あたりディズニーランド&シーには70,000人ほど来園するらしいので、超高人口密度だから余計に比較しづらいですね。これは企画倒れでした。
それでも話を進めてしまうのですが(謝)、つまりディズニーランド&シーの人口密度は、70,000人/km²です。当然クルマがびゅんびゅん走るようなスペースはどこにもありませんね。クリッターカントリーやウエスタンランド、アドベンチャーランド付近は自然豊かなのかもしれませんが。

さて、県内自治体別のの人口密度トップ3です。
1位:那覇市(8147.0km²)。千葉県市川市や兵庫県伊丹市の人口密度に近いようです。
2位:浦添市(5835.8km²)。兵庫県明石市や東京都町田市、大阪府泉大津市に近いようです。
3位:宜野湾市(4778.6km²)。埼玉県所沢市や千葉県流山市に近いようです。
読者のみなさんがお住まいの地域がこれらに近ければ解り易いですね。少しでも雰囲気がつかめるといいのですが、続いて以下順位表をご覧ください。

マイグロオリジナルの市町村別人口密度ランキング最新!沖縄県の市町村別人口密度ランキング2013

人口密度から解る、那覇市、浦添市、宜野湾市やその近隣の自治体辺りが、想像通り中心部というのが間違いないですね。ゆいレールも浦添まで延伸する計画もあるので、移住を目指す私たちにとって、都会的な雰囲気を求めるか、やはり沖縄の自然に近い場所、離島などの集落的雰囲気をお好みの方など、実際の地域特性を深く見ていくと良いのでしょうね。
なお、離島部では、宮古島市(253.6人/km²)や石垣市(205.3人/km²)は、本島の恩納村(203.7人/km²)よりも高密度ということでした。

最新の推計人口によると中南部、那覇が増加傾向で、特に与那原町に次いで中城村が最も多いそうです。北部、宮古、八重山で減少傾向となり、また、減少率が最も大きいのは粟国島、渡名喜村となっている模様です。

マイグロオリジナル!人口密度マップ

今度は人口密度を地図で見ると解り易いので、次にマイグロオリジナル人口密度マップを作成しました!想像ついてしまっている方も、感心が無い方も、併せてご覧ください!

最新!沖縄本島中心人口密度マップ2013最新!沖縄本島中心人口密度マップ2013
最新!沖縄離島中心人口密度マップ2013最新!沖縄離島中心人口密度マップ2013
1 2 3

Official SNS 公式SNSアカウント

  • Facebook
  • Twitter

Facebookページで最新情報を配信中!