Lamp cafe + zakka オーナー 西田 綾子さん #01-1

人も好き。場所も好き。なにより楽しいと感じる。(1)

流行の先端を生み出すファッション業界の中で、研ぎ澄まされた「直感」。
ゆったりとした時間が流れる沖縄に移住して10年目を迎えても、それは鈍ることの無い行動原理の一つとなっている。

独特に移ろう『うちなータイム』の中で、今もなおその「直感」を刺激し続けるモノは何であろうか。

沖縄生活に魅了されたカフェオーナー西田 綾子さんの貴重な「マイグレートライフおきなわ」を紐解く。

「本当に私が好きなものだけ置くっていう感じ」というカフェ+雑貨「Lamp」店内にはモロッコランプや各種アイテムが並び、沖縄最大都市である那覇の賑わいに相応しいぐらいに目を楽しませている。
奥のカフェには「アーチとか全部自分たちで」作り上げた入り口を通り「みんながこのお店を好きなように思って欲しい」と笑顔を見せるオーナーの感性空間の中でお話を伺った。

3ヶ月のつもりが、気づいたら・・・

━━沖縄移住前から、何度も沖縄に来ていたのでしょうか?

初めて沖縄に来たのは、たぶん・・・19歳ぐらいだったと思います。

それからは、忙しい仕事の合間の週末を利用して年に4回ぐらいは沖縄に来ていたんですよ。沖縄で好きな海に行って、ボォーと過ごす、みたいな事を繰り返していました。

そうしているうちに “全部やりたいと思う人“なので「沖縄に住もうかなぁ」と考えた時は、3ヶ月ぐらい滞在するつもりで沖縄に来ました。
仮住まいして2週間ぐらい経った時ですが「あぁ、もうここだ!みたいな」そう思ったんですよ(笑)。

今はもう友達の友達とかみんなつながっていて仲良くなりました。
沖縄に移住して、もう10年経ちましたね。

━━“全部やりたい”という事ですが、本土でのお仕事と平行して新たにカフェも初めようとされたのでしょうか?

それまでの仕事を辞めて、地元に帰ってからカフェで経験を積んで、そこでお店を出そうかなと思っていました。

本土ではファッションデザイナーの仕事が物凄く忙しくて流行りばかり追っていました。自分でブランドを出すとかでは無くて、企業の中でデザイナーとして働き、結構色々と経験させてもらっている内に疲れて来て・・・。毎年、雑誌とかの影響で流行りの洋服が売れて行くだけのような繰り返しがつまらなく感じてしまって。

自分らしい全体の格好も含めて、ずっと大切に何年も着ていられる人が「オシャレ」だと思い始めて、そうしたら益々つまらなくなってしまっていたので(笑)。

ところが、沖縄でたまたま働いていたカフェがとっても良くて!!そこで4年働いた後で沖縄にお店を出しました。それからは6年目です。

そう。だからこのLampというお店には、本当に私が好きなものだけ置くっていう感じかな。流行りのものというよりは・・・。

nishida_01

━━Lamp店内にはモロッコランプ以外にもたくさん雑貨がありますが、カフェに雑貨販売が加わったきっかけはありますか?

ずっと昔からモロッコはとっても好きでしたが、それに統一したお店ではなくカフェだけを作りたかったんです。

元々服飾関係の仕事をやっていたので自分で物作りができるし、いつも自分で何か表現する事を続けていかないと感覚が鈍りそうで、沖縄のカフェで働きながらもプライベートブランドとして小物作りしていたんですよ。

nishida_02a nishida_02b

それが結構人気出たので、結局は「カフェ+雑貨」のお店として両方やる事にしたんです。

お店にはモロッコランプやタイルとかでそういう雰囲気はありますが、その他色々セレクトしているので、みんながこのお店を好きな風に思って欲しいですね(笑)。

━━多彩な顔色を持つお店ですが、沖縄で出店するきっかけは何だったのでしょうか?

地元に帰るか沖縄でやるか迷った時に、地元には私の大好きな店もいっぱいあったし、あえて私の好きなその場所でやらなくても・・・。
だけど沖縄にはあまりそういうお店が無いなぁと思ったんです。

例えば”クスクス”と言っても「クスクスってなんね?」と聞き返す人も多かったし、モロッコ雑貨もあまり知られていなかったので、こっちでお店を始めようと決めました。もうなんかね・・・物がいっぱいありますからあっちはね(笑)。

━━沖縄でお店を出すには苦労されましたか?

沖縄ではお店を始めやすいと思います。

店の立ち上げ初期費用は思ったほど掛からなかったし、保証金も本土と全然違うから家を借りるように物件を借りられたんですが、沖縄ではお店出すのは簡単だけど続けるのは難しいとよく言われていますね。

どこでも一緒だと思うんですけど、色々考え過ぎると不安ばかりでできないんじゃないかな。

nishida_04 秘訣?何ですかね・・・。

お店を続けられるのは、お客様との出会いのある日々の楽しさや、プライベートもとっても充実して楽しいからです。

それに、お店の経営は苦しくてしんどいのが良いんだと思います。
苦しい45%で、楽しいが55%だからですかね。

沖縄生活全体からみて楽しい方が勝っているから沖縄にいることが楽しい!って思うんじゃないですかね。それに色々と言い出したら切りが無いし、雇われて働くよりも自分のやりたいことができるから凄く楽しいですね。

━━この場所はどうやって探されたのでしょうか?

明るくて風が抜ける場所が良くて相当探しました。全然希望通りの物件が無くて、しばらく・・・そうですね、1年ぐらい探して続けてやっと見つけて、ここは全方位に窓があるし、4面とても明るいのでこの場所に決めました。

初めは家賃設定が高くて間取りも少し変だし、飲食業もやってはいけなかったんですけど色々と交渉させてもらいました。

契約してからこのアーチ(カフェへの入り口)とか全部自分たちで作りましたし、変な壁とかも全部取りました。

那覇だけど静かだし、ここはすごく良い場所ですよ。

nishida_03

━━最近の沖縄には、個性あるお店が色々と増えたようですね。

そうそう。ほんとに良いお店がいっぱい増えましたね。

10年前ならオシャレなカフェは数店舗しか無く、ちょっと敷居が高いイメージもあり定着していなかったですね。
そこで元々県内で働いていた人達が自分たちでお店を出す様になって、個性的で拘りを持った良いお店ばかり増えました。

それに「パンが美味しいお店ならここ」、「コーヒーが美味しいお店ならここがいいよ」とか、そんな横の口コミで益々広がってきているところは沖縄独特ですね。

「沖縄移住生活で出会えた本当の楽しい沖縄」 - 人も好き。場所も好き。なにより楽しいと感じる。だから沖縄に住んでいる。(2)へ続く。

Shop Data

西田さんがオーナーを務める「Lamp cafe + zakka」のお店情報です。センスの良い雑貨と、かわいいインテリアで落ち着くカフェスペースがとってもオススメです。

<那覇の街に散らばるARTなカケラを拾い集めるマップ>
NAHA ART MAP2013-2014に参加中。

「店と店を結ぶ道の途中にも、沢山のARTなカケラが落ちているので探してみてください!」という、那覇中心部のARTなスポットを紹介するマップです。まるで裏原宿マップのようなエリアをオシャレに切り取った地図があります。那覇も単なる観光地としての強みだけではなく、新しい文化の発信地になるかもしれませんね!

Lamp cafe + zakka

住所 〒900-0014
沖縄県那覇市松尾2-3-25
アーバンヒルズ松尾1F
MAP
TEL 098-863-2491
営業時間 12:00〜19:00
定休日 月曜日・最終火曜日
URL http://chapi3hanaku.ti-da.net/
Lamp cafe + zakka

Official SNS 公式SNSアカウント

  • Facebook
  • Twitter

Facebookページで最新情報を配信中!