沖縄自然体験うみゆくい 千野 精一郎さん #02-2

本当にやりたい事。答えは沖縄にあった。(2)

没頭した都会生活からチカラを抜く瞬間に、もっと自分らしく生きる楽しみを探してみたいと思う時がある。

子供の頃、自然相手に心ゆくまで遊んだ記憶に立ち返ると、それが将来につながる基点だったと気付く事は極めて稀だろう。

普段、そんな誰もが胸の内にしまい込む記憶の海から「沖縄自然体験」が誕生した。

それは長い葛藤の時期をゆっくりと休む『ゆくい』を象徴するかのように「うみゆくい」と名付けられている。

本当に欲しかった自分の“人生の楽しみ”をつかむまで、自分の歩幅で歩み続けて来た千野 精一郎さんご夫妻の「マイグレートライフおきなわ」を追う。

十有余年の沖縄移住生活から見出した「自分が感じた自然の魅力とか、楽しさをもっと丁寧に伝えられる事」という自分が信じる道の証は「沖縄自然体験うみゆくい」としてさらに誰かの感動体験に通じている。
それまでの仕事の経験や知識、資格を活かした起業者が多い沖縄県での、こうした長年の想いを結実させる開業までの道のりを伺った。

自然の声を聞く楽しみ。沖縄自然体験「うみゆくい」

━━“仲間”から背中を押されたということですが、どういう後押しだったのでしょうか?

うみゆくい、千野さん 最初の集客方法としてブログだけで集客できないと言っていたんです。
そうしたら積極的に仲間がお客さんに紹介すると言ってくれたり「修学旅行の手伝いの仕事にも声を掛けるからやってみなよ」と言ってくれました。

未だにその人達との関係も続いていて、沖縄県外出身の方も多いですが、今度は私達がその人達に恩返しできるようにと、少し自分の仕事の方が忙しくてもなるべくお手伝いに行くようにしています。

━━「沖縄自然体験 うみゆくい」開業の理由は何だったのでしょうか?

今帰仁での仕事が自分には合っていると思っていて、最初は会社等に所属してその経験を活かして行こうと考えていましたが、やはりお客さんの満足度が高いエコツアーを提供し続ける難しさも感じていました。

特に、団体さんを案内する時に、時間に追われて大事なポイントを伝えきれない残念さや、自分のやりたいツアー内容ができなかったりしましたね。

だから自分が感じた沖縄の自然の魅力や楽しさを、もっと丁寧に伝えたいと考えが変わっていって、オリジナルのツアーを組み立てて案内する仕事をするべきだなと思いました。

うみゆくい、千野さん写真提供/(C)うみゆくい うみゆくい、千野さん写真提供/(C)うみゆくい

自分1人だと、夢はいつかは・・・と、つい先延ばしになると思うんですよね。そこが難しいところです。

そうやって、後押しや自分達を支えてくれた多くの人達のお陰で、今こうやって「うみゆくい」ができていると強く感じました。
それに海に関わる仕事を奥さんと一緒にできると思って結婚しましたし、ホテルでの仕事をしながら資格も取りましたよ。

━━どういう資格なのでしょうか?

インタープリテーションと言う“伝える技術”です。

本当に大まかに表現すると“代弁する”、もしくは“翻訳”という意味合いですが、例えば、森の木々がどのようにしてそこに立っているかを伝えるんです。普通は何の変哲もないただ通り過ぎるだけの場所でも、そこの木が何を物語っているか読み取って解説し、木々が語りかける事を伝えることで参加者がより自然と親しくなり楽しんでもらえるという感じです。

一番伝わりやすい言い方は何なのか、理解して貰えるか、そういう事を誰かに伝える技術の勉強を1つずつ積み重ねて行きました。

━━「うみゆくい」のツアーには年齢制限が無いんですね!泳げない小さなお子さんでも参加できるのでしょうか?

年齢制限が無いので、他のツアーで条件に合わなくても「うみゆくい」なら参加できる場合があります。リピーターや仲間内から誘われて来ている方が多いです。

小さい子ども達が目の前でどんどん色んな事をクリアしていく時の表情の変化とか、親御さんも自分のお子さんについて「こんな笑顔初めて見た!」とか「こんな事できるとは思わなかったです!」と驚かれる姿を何度も目の前で見て来ているので、もっと感動を広めて行きたいなと思っています。

うみゆくい、千野さん写真提供/(C)うみゆくい うみゆくい、千野さん写真提供/(C)うみゆくい

━━他にはどういうお客さんがいらっしゃるでしょうか?

家族以外にもご夫婦が多いです。「苦労してこのツアーを見つけました!」と言って下さる方も結構多いんですよ。

よくお問い合わせを頂く「青の洞窟(恩納村真栄田岬)」は「うみゆくい」ではお連れしないです(笑)。人が多く、お客さんにゆったりと楽しんで頂ける保障が私達にできないからお断りしているんですよ。
「うみゆくい」にはポイントへの順番待ちが全くなく(青の洞窟に入る順番待ちのような現象)、ゆっくり心ゆくまで沖縄の自然体験ができると思います。

足が付くようなところでも、たくさんの魚に出会えるしね!

うみゆくい、千野さん写真提供/(C)うみゆくい うみゆくい、千野さん写真提供/(C)うみゆくい

滝を目指す沢登りツアーでは幼児のお子さんも参加します。大人は大丈夫でも幼児が登るには大変そうな岩もあります。そういう難しそうな岩でも、お子さんがやりたそうだったら頑張って登ってみましょうと、やらせて挙げるのが私のやり方ですね。

━━そうして言わば時間が掛かってしまう場面でも、お客さんの楽しみを優先している訳ですね。

うみゆくい、千野さん 「うみゆくい」は大々的に広告を出したりせず、知る人ぞ知るお客さんの事を一番考えて作ったツアーだから無理に合理化を目指したりしません。

なるべく多くのお客さんを案内したいと思っているので、夏場はずっと休み無しでお客さんを案内しますよ。
「休みはちゃんと取りなさい!」と奥さんに怒られますけどね。

奥様)そうそう。

千野さん)アハハッ(笑)。

忙しい時期は決まっていますから繁忙期を避ければ個人事業だから休みも取りやすいのですが「自分が倒れたら元も子もないでしょ!」と言われ、帰省した時に私の実家でも散々怒られました。ですから自分のためにも家族のためにも過剰なハイペースでするべきでは無いと思っています。

本当は懐中電灯持って森を探検するナイトツアーもやりたいなと思っていたんですよ。でもそんな事したら倒れちゃうよと言われたんで・・・。

奥様)もうちょっとやり方考えないとね・・・。

千野さん)はい。すいません!

さすがに手を広げ過ぎてやりきれない部分が出ると「うみゆくい」らしさが失われてしまいます。身の丈にあったやり方の方がいいですからね。

━━今後の展望等はありますか?

うみゆくい、千野さん 障がいをお持ちのお客様や、お歳を召された方、外国人の方とかに対応して行きたいです。

私達ならアレンジできるかもしれないと期待されて、様々な方からお問い合わせ頂くのですが、力不足でご対応できない事もあって、そこは1組ずつ大切に案内できるツアー作りをしていきたいと思っています。

今は、どうしても完全なバリアフリーでは無い部分がありますから、そういう時の準備とか場所とか考えて行きたいです。
沖縄での生活サイクルも全部消化できていない部分もあるので、うまくスケジューリングしてもっと上手にやって行けると思っています。

将来は元々から沖縄にいる方で協力してくれる人が現れてくれたら嬉しいですね。

━━その他、よく頂くお問い合わせはありますか?

寒い季節の時に家族連れのお客さんがどういう格好をして沖縄に行けばいいか質問がよくあるんですが、沖縄でも寒い時期では長袖とか、暖かい格好をした方がいいですよとお伝えしています。

「え?そんなに沖縄って寒いですか?沖縄は暖かいと思ったんですけど」と驚かれますが、実際に来てみると厚着の用意をして正解という事がありますね。

━━今後の販路拡大にもっとネットを活用する方法もありますね。

そうですね。私達の仕事をアピールする場が色々とあったら嬉しいので、今後は海外の人達を案内するために外国語ページを作ったり、日記代わりだけじゃないソーシャルネットワークサービスの上手な活用ができたらといいと思うので、そういう勉強機会には参加して行きたいですね。

うみゆくい、千野さん写真提供/(C)うみゆくい うみゆくい、千野さん写真提供/(C)うみゆくい

前回。「1枚の絵葉書から少しずつ沖縄移住を描く」 - 本当にやりたい事。答えは沖縄にあった。(1)はこちら。

「沖縄の離島生活を楽しむ!」 - 本当にやりたい事。答えは沖縄にあった。(3)に続く。

Shop Data

千野さんが沖縄自然体験ツアーをガイドする「うみゆくい」のお店情報です。沖縄の海や森へ1ツアーに1組限定・貸切で自然体験を独り占めするエコツアーでは、これまでにない沖縄の自然との触れ合いをしたい方にぴったりの自然体験を提案してくれるでしょう!

熱帯魚が舞い踊るサンゴの海、亜熱帯のジャングルの奥深くでひっそりと流れる沢、雄大に流れ落ちる滝に、なんと幼児や小学生のお子さんも参加中!

お友達同士、ご夫婦でもどうぞ。

沖縄自然体験 うみゆくい

住所 〒905-0227
沖縄県本部町字瀬底514
MAP
メール umiyukui@gmail.com
TEL 090-9782-7092
受付時間 8:00~20:00
営業時間 9:00~18:00
ご注意 必ず事前にお問い合わせください。
URL http://www.umiyukui.com/
facebook https://www.facebook.com/umiyukui
沖縄自然体験 うみゆくい

Official SNS 公式SNSアカウント

  • Facebook
  • Twitter

Facebookページで最新情報を配信中!