The Original Scents & Aroma Items WASITE STORE 三園 泰慶さん #04-2

可能性という匂いの中で生きていると実感。(2)

可能性というベールに包まれた沖縄。

そこに漂っている好奇心をくすぐる香りに引き寄せられ、沖縄までの総距離2,000km以上をバイクと共に移動し続けた20日間。それが沖縄移住生活に向けたスタート。

そうして、今や沖縄からオリジナルの香りとアロマアイテムのブランド「WASITE」を全国に届ける三園 泰慶さんの「マイグレートライフおきなわ」は、まだ出会っていない新しい沖縄の香りを探し求めながら、長い人生の旅の途中にいるのかもしれない。

沖縄と本土の違いについては、文化や生活スタイルのちょっとした点にも多く存在する。そして鉄道などの公共交通機関が発達していない沖縄の街づくりインフラならではの違いに悩まされることもしばしばのようだ。
沖縄移住生活では実際にこんな違いを体験されたと言う。「本土なら駅から自宅までの商店街にはだいたい本屋さんがあると思いますが、沖縄では大型ショッピングセンターの中にあったりするので、通勤時に気軽に本屋に立ち寄れないんですよ。」
それでは、誰もが憧れる島々の周囲を囲む「青い海」。その関わり方に変化はあるものだろうか。沖縄と本土の違いについて様々な点を伺った。

沖縄生活で感じた多くの「違い」

━━このWASITEストアの場所を選んだ理由は何だったのでしょうか。

WASITE三園さん この場所は、北谷や那覇にもバイクで適度にアクセスが良くて、ここから直接海が見えるし、一軒家に住めるだけでも最初は良かったんです。見つけてきたのは当時の相棒でした。

━━こちらは沖縄では比較的人気のある「外国人住宅」ですね。

そうですね。

「外国人住宅」は、県内外問わず改装してカフェにするのに憧れている人も多くて人気があるらしいですけど、実は近年は老朽化が進んでいて、建物の補修にお金が掛かってお店を維持しづらくなる事もあるみたいですけどね。

仮に、僕自身で今カフェをやるには多少面倒だと思っているところです(笑)。

━━カフェやゲストハウスを経営するのは、沖縄移住者の方に多いものでしょうか?

一番最初の移住ブームで沖縄に来た人たちというのは、たぶんヒッピー世代や放浪旅が好きな人が多くて、そのまま住み着いてゲストハウスを造ってたりしたみたいですね。

僕が移住した頃には、一週間に1軒ぐらいのペースで次々オープンしていましたが、今は少なくなったと思います。そういう場所はサブカル的に流行っていて、沖縄や関連著者とかに憧れた人達がたくさん来ていました。読谷のビーチロックハウス(高橋 歩)や本も流行していましたね。

そこはカフェ、ゲストハウス、バーとかあったりしてお客さんがちゃんと宿泊できますけど、働く人は外のテント住まいだったりして、そういう雰囲気も流行っていたようですね、僕には合わなかったけど。

僕がビーチロックハウスを見に行った時は、ちゃんと移住を目指す人もいれば、普通の旅行者もたくさんいて、安く長く旅をしたい若い人の考え方なら、スタッフとして働きタダで寝泊まりしてご飯も付き、色んな人にも出会えるからそれでも満足できたと思います。中には他でもバイトして、ゲストハウスを足がかりに沖縄移住する人もいます。一方でちゃんと仕事を決めてから移住するという人がいて、僕は、前者ですかね。

━━この近辺には面白そうな沖縄スポットが色々ありそうですね。

面白いところはいっぱいありますけど、沖縄らしさもどんどん変わってきたかと思います。

僕が一番はまったのは北谷の「ハンビーナイトマーケット」で、そこは昔の東南アジアみたいな雰囲気やノリがある場所で、たくさんの若い子が洋服とか靴を路上に並べて売っていました。

今ではマーケットの敷地も店の数も減り、路上で売る子はほとんどいない。でもマーケットの角地でアメリカの洗剤をやたら積み上げて売っているところは絶対潰れず残っていますね(笑)。

※ 『ハンビーナイトマーケット』とは
洋服や雑貨の他、焼き鳥やハンバーガー等の屋台が軒を並べ、軽食ができる北谷のナイトマーケット。平日は数店が開店しているものの週末の夜には全開でたくさんの客が訪れて賑わう

━━それでは、色々な沖縄スポットとは別に、いわゆる地域との接触はあるのでしょうか?

忙しすぎて地域と深く関われないのが現状ですね(笑)。模合(もあい)もお誘い頂きましたが参加できず、ご近所さんや取引先に会う事の方が多いですね。

遊びという意味では、沖縄県内外の友達が混在しているので、一緒にサッカーチーム作ったりバスケやったりしています。

━━逆に、沖縄に来たことで、できなくなってしまった事や違いを感じる点等はありますか?

初めて沖縄でキャンドルナイトのイベントをやった時ですが、世間ではキャンドルジュンさんやキャンドル自体の認知度と人気が高まって来た時期でしたが、沖縄にはローソクにネガティブなイメージを持っている人が多ことが解りました。幽霊とか鎮魂とか慰霊とかのイメージや、台風で停電中に使うローソクも多かったようですしね。

だからキャンドルナイトのイベントを開催したビーチの町長さんには、初めネガティブに思われていたと思いますが、何回か通って理解を頂きました。

沖縄キャンドルナイトの写真三園さんがプロデュースしたキャンドルナイト 沖縄のキャンドルナイト

沖縄と移住前の地域との違いですが、かつては通勤時間帯の読書をすごく大事にしていたところ、こっちだとクルマやバイクでの移動中心だから、通勤時間帯に本を読む習慣が絶対的に少なくなっちゃって。

街の造りでも、本土なら駅から自宅までの商店街にはだいたい本屋さんがあると思いますが、沖縄では大型ショッピングセンターの中にあったりするので、通勤時に気軽に本屋に立ち寄れないんですよ。

━━なるほど。初めて聞く沖縄と本土の違いでした。他にもありますか?

理想と現実で一番違ったなと思った事は、ここは海も近いし北谷のアラハビーチにバイクで5分だから、毎日海行って缶コーヒー買って読書して1日をスタートさせるか!って思いますが・・・。

行けないんですよね(笑)、行く人は行くんでしょうけど・・・。

いつでも行ける環境にいると怠けちゃうのかなって。自分のルールを決めればいいんですけどね。

三園さん

━━何もかも忙しい本土に比べてしまうと、沖縄では全般的にルーズだと言われる事が多いと聞きますが、本当にそうなのでしょうか?

沖縄には本土から比べれば確かにルーズな部分があります。ただ、ビジネスでは沖縄の人でも凄い上手な人もたくさんいる訳で、その中で「自分がどう感じるか」だけだと思っていますよ。

でも、僕が嫌なのは沖縄移住者がさらにルーズになっちゃった場合です。
「いいさいいさ。ウチナータイムさ」とか言われると、その人が沖縄のリズムになったのは別にいいんですけど「お前が言うなよ」とツッコミたくなりますね(笑)。
“分”や“時”の単位なら我慢するから、せめて“日”単位だけでも守ってくれと・・・。

クルマの研究の時の整備士さんがエンジン開けてから「そうだ、今日は祭りだ」と言ってどこかに行っちゃって戻って来ないとか(笑)。
何週間も待たされて「ごめんね。祭りの実行委員だから」ってね(笑)。

━━沖縄ではそういう独特の気質が存在しますし、お互い受け入れないとただ反発するだけになりそうですね。

僕個人としては、沖縄の社会性にギャップ感じる時があるんです。

沖縄の人達だけでよく集まるんですよね。世界のウチナーンチュ大会とかほんとにスゴくて、そういうポジティブな面もありますが、逆に閉鎖的な地域やコミュニティを作っていることもあります。オープンな部分とクローズドな部分が両面共存していますね。

沖縄移住してから今まで自分たちが味わって来た中には、昔、沖縄の人が東京で味わったことと一緒の事もあると思います。だって東京でも沖縄の人には家を貸さないとかホントあったんです。今ではほとんどないでしょうけどね。

━━そうした中で、今後の新しい目標ができたりしましたか?

カタチに残るものを作っている以上、時代を超えて残したいのは作り手の欲ですし、それにこのWASITEブランドは自分の代が最盛期じゃなくていいと思っています。子ども達がやりたい事に、僕の仕事を選んでくれたらいいなぁと思っているので、それまではしっかり経営して引き継がせてやりたいなと思います。

■WASITEストアオーナーの三園 泰慶さんのインタビューを読んで、沖縄移住生活に興味が出てきましたか?

前回、「2,000kmを超えて始まった沖縄移住生活 - 可能性という匂いの中で生きていると実感。(1)」
次回、「WASITEを中心として良いことのはじまりへ。 - 可能性という匂いの中で生きていると実感。(3)」
次回もお楽しみに!

Shop Data

三園さんが経営する宜野湾の「WASITE(ワシテ)STORE」のお店情報です。キャンドルが灯す小さな明かりの中には、誰かの心を動かす大きなチカラが宿っていると言います。

そんな柔らかな灯火だけでなく香りも楽しみたければ、50種類以上のアロマキャンドルの他、三園さんご自身が「創造的カウンター」と呼びたくなるという調香カウンターにいらしてください。

お客さんとの対話を楽しみながら、たった1つしかない、あなただけの香りを作り出せますよ。

The Original Scents & Aroma Items WASITE STORE(ワシテ)

住所 〒901-2222
沖縄県宜野湾市喜友名2-21-10
MAP
TEL/FAX 098-892-0685
営業時間 11:00~19:00
定休日 火曜日
お問い合わせ オンラインフォームはこちら
URL http://www.wasite.org/
オンラインショップ http://wasite.shop-pro.jp/
facebook https://www.facebook.com/wasite.store
The Original Scents & Aroma Items WASITE STORE(ワシテ)

Official SNS 公式SNSアカウント

  • Facebook
  • Twitter

Facebookページで最新情報を配信中!