演舞できなくても、知識なら今すぐ蓄えられる!

認定証付き「エイサー検定」とは?

演舞が現代につづる沖縄エイサーの歴史を知る

以前お伝えした伝統芸能である「沖縄エイサー」は熱のこもった演舞が魅力的ですが、エイサーから沖縄への興味が出てきた方にぜひオススメしたいのが、「エイサー検定」です。ナイチャーなら一度は挑戦しておきましょう!

エイサーの普及・啓発プログラム

沖縄の夏の風物詩「沖縄エイサー」は、旧盆最終日に行われるご先祖様をあの世へ戻ってもらうための言わば”盆踊り”です。勇壮な演舞と太鼓の迫力に魅せられる人は多く、年々観るのが好き!という方が増えてきているそうで、移住すればとても身近になるかもしれません。そんな見て楽しみたい方にオススメな検定のご紹介です。

以前にお知らせした「世界エイサー大会」は無事に終わっていますが、その会場プログラム中にあった「エイサー検定」を編集部では見逃すわけにはいきませんでした。基本的な動作とかそういった事なのかと思っていたのですが、どちらかと言えば、エイサーにまつわる歴史や周辺知識の腕試しといったところです。それがWeb版「エイサー検定」でした。これなら今すぐできそうだと思った編集部では、躊躇することなく挑戦してみることにしました。

実はこれ、沖縄市観光協会が主催しているエイサー普及活動の一環ですが、検定にはしっかりと”級”が設けられております。3級から1級、そして特級という難易度の違いによる検定試験をパスすれば、それぞれの合格証を頂けるという仕組みになっています。

まずはここからエイサー検定3級を無料で受験できます!

嬉しい認定証も発行されます!理解度によって嬉しい認定証も発行されます!

まずは3級からWEBで無料受験!先のURLからアクセスし、名前や住所などを登録すると今スグに受験できるんです!後で上位の検定合格時に送られてくる特典の発送先に名前や住所が必要なので、お間違えないように記入しましょう。あくまで協会が普及目的に実施しているものなので決して身構えること無さそうです!

1級合格まで何度でも挑戦できました。

3級は問題数も少なく、予備知識無くともある程度の沖縄を知るみなさんなら直感を頼りに合格してしまうでしょうね。3級に合格すれば、2級もしくは1級と、好きな方を選択して進めましょう!なお編集部では着実に2級にトライ!難易度がどの程度上がるのか確認しながらステップアップして無事に合格しました。

なかなか順調だったものの、さすがに1級となれば知らないと回答できない問題ばかりでしたが、沖縄の歴史観に触れることができるので楽しめると思います。そうして1級は5回ぐらい再チャレンジしてやっと合格ラインを超えることができました。30問中21問正解ということは70%の正解率でギリギリ合格だった訳です。

一発合格したよ!というツワモノナイチャーの方、いらっしゃいましたらぜひ編集部facebookなどで勝ち誇ってください。

ここまで来るともう一歩!ここまで来るともう一歩! およそ1時間かけて1級まで挑戦してみました。1級まで挑戦してみました。

個人的に知らないことが多くて間違った箇所も多かったのですが、復習しながら再挑戦を重ねて正解率を高めていける手軽さもありました。

この認定証が移住の際には直接役立つ機会は少ないでしょうけど、少し沖縄の理解を深めた証拠や話の交流ネタに困った際や、さりげなくエイサー話に加われるよう下準備!?にも良いかもしれません。本来、エイサーは体感して活動できる楽しみが大きいので、知識を深める前に実際にやった方が早いというコトもあるのですが、まずは気軽に沖縄を知る機会の一つではありました。
もっと楽しみたい方は、さらにガイドの養成講座もあり、渡沖日程があえば立ち寄って受講されるということもできなくありませんから、参加者同志のコミュニケーションや沖縄生活の一旦に近づく良い機会かもしれませんね。

これがエイサーガイドの養成講座です

これとは別に、もっと沖縄全体を深く知っておきたいという方がいらっしゃいましたら!? 他にもこんなご当地検定もありましたのでご参考までに。

沖縄大好き検定
第一回沖縄大好き検定問題&解説集―2級・3級全200問 沖縄のことがもっと好きになる!!

1 2

Official SNS 公式SNSアカウント

  • Facebook
  • Twitter

Facebookページで最新情報を配信中!